第17回「ふるさとの田んぼと水」子ども絵画展2016 入賞作品

ふるさとの田んぼと水 子ども絵画展 / 2016年入賞作品 / ヤンマー賞
大きな画像で見る

ヤンマー賞

ヤンマー

『家族そうででおいしいお米作り』

良知 愛斗 6年 愛知県 豊橋市立 天伯小学校

選評

色彩がやわらかく、あたたかみのある絵です。お父さんに教わりながら田植えをする子どもと、赤ちゃんをおんぶしながら見守るお母さん、背景でほほえむおばあちゃん。人物の描き方からも、家族のつながりを強く感じます。後方にある軽トラックもかかしも、丁寧にしっかりと描かれていていいですね。

受賞者のコメント

家族みんなで大変な田植えを楽しみながら行っているところを描いた。秋の収穫を心待ちにしながら頑張る姿。

ヤンマー株式会社

次代を担う子どもたちが農業と農村の
未来を考える機会のひとつとして、当絵画展に期待しています
当社は、ミッションステートメントとして「わたしたちは自然と共生し生命の根幹を担う食料生産とエネルギー変換の分野でお客様の課題を解決し未来につながる社会とより豊かな暮らしを実現します。」を掲げております。次代を担う方たちに農業と農村の未来について考えて頂きたいという主旨で、子ども絵画展への協賛や、25年以上に亘りヤンマー学生懸賞論文・作文募集事業を実施させて頂いております。今年も、ふるさとの田んぼと水、つまり日本の農業と農村の未来をテーマに、たくさんの夢ある作品を期待しております。

ページの最初に戻る