ニューヨーク公共図書館【無料ダウンロード・著作権確認手順】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
『七代目ダンジュロVII』|1829|Image via New York Public Library

2019年に映画『ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス』で、舞台裏がドキュメンタリー化され、話題になったニューヨーク公共図書館。
民間からの寄付によって成り立っている公共の図書館で、年間におよそ180万人が訪れ、無料で入館することができます。
そのコレクションは、現在5000万点を超え、100を超える主要なトピックで編成された膨大な規模。
デジタルライブラリーとして集められた画像およそ91万点が、公式サイトで無料閲覧可能で、そのうちの31万点超がパブリックドメインで無料ダウンロード可能です。
パブリックドメインについては、基本的に著作権フリーのため、誰でも自由に利用可能。
必須ではないですが、公式サイトは、将来さらに多くのコンテンツをリリースするためにクレジット表記を求めています。

博物館や美術館とはまた趣の異なる、この図書館の資料や作品の無料ダウンロード方法を解説します。

 

スポンサーリンク

 

1.31万点超のパブリックドメインが無料ダウンロード可!
無料ダウンロード手順と著作権確認方法

1-1.公式サイトを日本語に変換

まずは、ニューヨーク公共図書館公式サイトデジタルコレクションページへ。
英語で書かれたホームページを日本語に変換します。

 

ニューヨーク公共図書館、日本語に変換

 

1-2.特徴ある11のカテゴリから選択

公式サイトは以下の11カテゴリに分類されています。
興味のあるお好きなカテゴリから選択してみてください。

  • 写真コレクション
  • 初期のアメリカ写本プロジェクト
  • パブリックドメインのおすすめ
  • ニューヨーク市についてのコレクション
  • ファッションコレクション
  • デザイナーのためのコレクション
  • ネイチャーコレクション
  • ゲイとレズビアンの歴史
  • ポスターコレクション
  • マップとアトラス
  • ブックアートとイラスト

 

2-3.カテゴリ選択後、パブリックドメインに絞る

お好きなカテゴリ中のお好きなトピックを選択してください。
本記事では、ブックアートとイラストカテゴリより古地図をダウンロードします。
トップページを下の方までスクロースすると、ブックアートとイラストカテゴリがあります。
その中のローレンス・H・スローター・コレクションをクリックします。

 

NYPLデジタルコレクション

 

次のページに変わると、資料の一覧が表示されます。
左側に絞り込みの検索窓が出現するので、左上のフィルタータブをクリックし、『パブリックドメインに絞る』にチェックすることで、パブリックドメインのみに絞り込むことができます。
今回は鮮やかな地球儀の画像をダウンロードします。

 

NYPLデジタルコレクションパブリックドメインに絞る

 

2-4.ダウロードサイズの選択と、著作権の確認

クリック後は、資料の詳細画面に移ります。
ダウンロードする際はお好きなサイズを選択することで、ダウンロードが開始されます。
パブリックドメインの画像にのみ、『制限なく自由に使用できます』と表示されます。
詳細ボタンをクリックして、一番下までスクロールすると権利に関する内容が詳しく記されています。

また、著作権については、こちらのページにも詳しく記されているため、画像使用の際は一読することをおすすめします。

 

ニューヨーク公共図書館、地球儀画像

 

ダウンロードした画像がこちら

 

Image via New York Public Library

Image via New York Public Library

 

スポンサーリンク

 

2.無料ダウンロードできる作品や資料

2-1.日本に関する作品(浮世絵や源氏物語、東海道五十三次など)

ブックアートとイラストカテゴリの中には、日本美術に関するものが結構見当たります。
その中でも、特に目を引いたのが、源氏物語絵巻、浮世絵の安藤広重の東海道五十三次京都、諏訪湖や仏教に関する画像。

東海道五十三次 京都|Image via New York Public Library

東海道五十三次 京都|Image via New York Public Library

『源氏物語シーン1a』|Image via New York Public Library (2)

『源氏物語シーン1a』|Image via New York Public Library

諏訪湖Image via New York Public Library

諏訪湖Image via New York Public Library

Image via New York Public Library5

Image via New York Public Library5

2-2.世界の古地図

マップとアトラスカテゴリには、かなりの数の、世界の古地図があります。
アメリカはもとより、ニューヨーク、アジア、アフリカ、ヨーロッパ、北極圏など。
古地図好きの方なら、見ていて飽きない程の量です。

Image via New York Public Library

Image via New York Public Library

Image via New York Public Library (2)

Image via New York Public Library

Image via New York Public Library (3)

Image via New York Public Library

 

 

2-3.その他、ファッション、ポスターカテゴリなど

 

Image via New York Public Library

Image via New York Public Library

Image via New York Public Library2

Image via New York Public Library

Image via New York Public Library (6)

Image via New York Public Library

 

スポンサーリンク

 

3.映画『ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス』

ニューヨーク公共図書館の裏側をドキュメンタリー化し、映画化されたのが『ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス』。

一般に税金で運営されている『公立』図書館とは、一線を画す活動がされています。
起業を目指す起業家や、裁判資料を集める弁護士、フリーランスのジャーナリストなど、そこに集まる人々はさまざま。

アメリカ社会で根付いている寄付文化と、パトロンに支えられ、そのニーズに真剣に応えようとする図書館の在り方が、まさに『公共』図書館という、日本ではあまり馴染みのないスタンスなのでしょう。
本格的なデジタル社会の到来で、作品や資料がデジタル・アーカイブ化されていく中、未来の図書館の在り方を真摯に模索し、利用者のニーズに応えようとする姿が印象的です。

映画の公開パネルディスカッションがされた動画がyoutube上にありましたので、興味があれば、ご覧いただき、公式サイトの利用に役立ててみるのも良いかもしれません。

 

4.専用アプリをダウンロードしてスマホで閲覧できる!

NYPLの電子書籍リーダーアプリ『SimplyE』をダウンロードすることで、電子書籍やオーディオブックに無料でアクセス可能です。
IOSでもアンドロイドでもダウンロード可能で、30万点を超える資料があり、ウォールストリートジャーナルやニューヨークタイムズのような無数のデータベースから検索することができ、著作権が消失している本はダウンロードも可能とのことです。

公式サイト内のこちらのページからダウンロード可能です。

 

5.終わりに

ニューヨーク公共図書館で、ダウンロード出来る画像は、絵画や美術品というよりは、資料的な画像が多いのが特徴です。
通常、美術館サイトはデータ量が大きいため、検索すると重たく、ストレスになりがちですが、公式サイトは、見やすく整理され、サクサク検索することができ、使い勝手がとても良いです。
映画の公開ディスカッションでも協調されていた『公共』のスタンスが、公式サイトにも表れています。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク
ページ上部へ戻る